Cue blog

大学生のためのフリーペーパーCueのスタッフブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
君のシャツの柄 今日はとても素敵さ
 
はいこんばんわこんばんわ
お久しぶりです小柳です。

すっかり春ですね。
昨日なんてもはや初夏でしたね。

こんな天気がいいぽかぽか暖かい日は
クラムボンやトクマルシューゴの軽快な音楽を聴きながら
日当たりのいいベランダでお昼寝したくなりますね。

わたくし事になりますが、
つい先日、長かった髪をばっさり切り落としまして
心もからだもふわふわしています。

春は挑戦の季節。
何か新しいことを始めてみたい気分です。


さてさて、昨日も朝10時から学生会館で
みんななかよくCue会議でした。

できたてほやほやの各ページの文章に赤いれをしてみたり

コーヒーのおまけについてる某チョロQもどきで遊んでみたり

表紙のデザインを相談してみたり

メンバーを動物に例えると何に似ているかを考えたり

まぁ7割ほど雑談だったという説もありますが、
一応順調に次号の発行に向けて準備をすすめております。


さてひさしぶりのブログなので何をかこうか迷うのですが
今日ははるにぴったりのバンド
Czecho No Republicを紹介したいと思います。

さてまずこのよくわからないバンド名、なんて読むのか申し上げますと
「チェコノーリパブリック」と読みます。

2010年に結成したばかりの新しいバンドなのですが
何がよいって音の使い方が本当に面白い。

あざやかで斬新なメロディーと
耳触りのよいさわやかなうたごえが見事に混ざり合って
一度聴いたら彼らのとりこ。

聴いているだけでわくわくして、
ついついリズムを取りたくなる。
まるでおもちゃばこをひっくりかえしたような音楽を奏でる
とってもポップなバンドなのです。

だいすきな曲はたくさんあるのですが、
特におすすめは、アルバム『Casually』の1曲目『マサチューセッツ』。

お気に入りのワンピースに
パステルカラーのヘッドホンをつけて
中央線沿いの街を散歩したくなる
そんなかわいい曲なので
聴いたことの無い方はぜひぜひ聴いてみてください。
きっとあなたのすてきな春を演出してくれますよ。

『乙嫁語り』にはまっています。
3年 小柳

| shiori koyanagi | 01:14 | comments(0) | - |
いちごパフェが止まらない
さいきんさむいね。

ふゆはなつよりすきです。

Cue2年生の誕生日ラッシュもあるしね。

重ね着しすぎてもっこもこになるけど。

こんばんは、こやなぎです。



さ、けいおん!けいおん!

映画すごい人気ですね。

前売り種類ありすぎ。

アニメ終わってからも勢いがとまりません。

かくいうわたしも人並みにすきです。

少し前(今も?)ローソンで
けいおんフェアがやっていて
対象商品2個買うと
クリアファイルがもらえたの。

もちろん初日に
2000円ぶんのお菓子を買って
全6種類そろえたのだけど

時間がなかったから
けいおんの絵がパッケージの
大量のお菓子を抱えたまま
Cueの会議に行ったら

みんなからすごく冷たい視線を浴びせかけられました。

いいもんいいもん。



さて、「けいおん!の
なにがそんなにいいのか」についてこのあいだ
友達と議論した結果
やっぱりキャラクターの
体型にたどりつきました。

主人公の唯ちゃんを筆頭にした
けいおん!のキャラクターって
他のアニメの女の子たちみたいに
スレンダーじゃなくって

ちょっとぽっちゃりというか
ずんぐりむっくり。

その寸胴体型が妙にリアルでね、
とても惹かれてしまうのですよ。

とくにわたしのすきな
秋山澪ちゃんは

黒髪ツリ目でクール。
ゴレンジャーでいうなら
青のポジションにいる
キャラ的にはスマート
であるはずの人物なのだけれど

制服のスカートや
スクール水着からのぞく
下半身が意外としっかりしてる。

そこがなんとなくよいんですよわかりますかええ。

今思うとわたしは
昔から青のポジションに
いるキャラクターがすきでした。

頭脳明晰、冷静沈着、
だけど万年二番手というか。

セーラームーンごっこも
絶対マーキュリー役だったもん。

今でもショートカットの
あみちゃんがいちばんすきです。

いやしかし、幼稚園まで
アニメっこだったけれど
それ以降全く見なかったので

まさか大学生になって
アニメに戻ってくるとは
思いませんでした。

まぁ、わたしの所属している
学部の宿命ですね。

エヴァとかある程度知ってる前提で
授業すすむもん。

しょうがないしょうがない。

まわりがオタクばっかりで
わたしなんぞ一般人以下なので
とても居心地がいい
キャンパスです。

そうそうエヴァといえば、先週富士急のエヴァ見てきました。

原画とか演出とか感動しましたよとても。

理想の男性、渚カヲルくんがねぇ、もうかっこよくって。

理想の女性、綾波レイちゃんがねぇ、もうかわいくって。

エヴァ見たことあるひとなら感動すると思います。

さ、来週はなに書こうかなぁ。

今年はやはり
あの花にはまりました
2年 小柳
| shiori koyanagi | 01:19 | comments(0) | - |
ねこはこたつでまるくなる。

ふゆがはじまりました。

わたしはこたつを出しました。

これが堕落の根源だと
わかってはいるのですが
やめられません。

こたつ中毒。

みかんとねこちゃんがいれば
もっといいのですけれど。

ごきげんよう、こやなぎです。



先日、あまりに寒かったので
去年まで着ていた
グレーのPコートを
クリーニングの袋から
だしたのですが
ボタンがふたつ
ついていませんでした。

そういえば取れたまま
クリーニングに出したんだ
と思い出し、
カバンの中も机の中も
探したけれど見つからないので

それよりぼくと踊ろう。

ではなく、
せっかくだし新しいコートを
買いに行こうと
近所の古着屋さんを
ぶらぶらしていたとき、

ふと小さいころのことを
思い出したんです。



小学生ぐらいのとき、
赤いダッフルコートが大好きで
毎日それを着て
外で遊んでいて。

でも毎日毎日着るもんだから、
着古して、毛玉ができて、
サイズも小さくなってしまった。

だからお母さんが
新しい茶色のダッフルコートを
買ってくれたのだけれど

わたしは赤いのが欲しかったんだ。

真っ赤で少し丈の長いのが。



っていう古い記憶を
なぜか思い出したら
無性に赤いダッフルコートが
着たくなって
古着屋さん探し歩いたんですよ。

したらね、

見つけたの。

真っ赤な真っ赤な
ダッフルコート。

もうはたちも越えたんだし
赤いコートが似合うような
年齢でもないんだけれど

いかんせんサイズが
ぴったりだったから
勝手に運命の出会いだと
いうことにして
買ってしまったよ。

今年の冬はこの子と過ごすの。



なーんて、きょうは
わたしらしくない
ちょいとセンチメンタルなブログを
更新してしまいましたので
来週はけいおん!についてでも
書こうと思います。


今から富士急いってきます
2年 小柳
| shiori koyanagi | 07:49 | comments(0) | - |
武道館
昨日は私の一番好きなバンド、毛皮のマリーズのラストライブでした。

チケットを取ったときは、単純に楽しもうとだけ思っていたのに
アルバム『THE END』発売と同時にラジオでボーカル志磨遼平さんによって告げられた突然の解散。

そらーもう落ちました。
アルバムは発売日に買ったけれどしばらく聴けなかったもの。

高校浪人時代を支えてくれた大切なバンドだったのでね、もうね、かなしかったのです、単純に。



マリーズはインディーズ時代とメジャーデビューしてからと曲、歌詞どちらもがらりと印象が変わったから、ファンの間でいろいろな意見がとびかって。

インディーのマリーズが好きだったファンはその変化を受け入れようとしながらもめちゃくちゃ戸惑っていたと思う。

わたしの場合は少し意地になってました。

「これが今のマリーズなんだ。わたしはマリーズがすきなんだから。マリーズがすきなんだから」って。

だからね、今回の解散に伴って志磨さんがインタビューやラジオでよく言っていた「志磨遼平が毛皮のマリーズを越えてしまった」ということばをきいて
ファンだけじゃなく、本人たちにも葛藤があったのだなと知って、

なんかちょっと安心したんです。

そりゃ解散はとてもとても残念なんだけど、納得できたというか。

しょうがないんだなって受け入れて、自分のなかで消化できたというか。

…で、そうやって時間とともにだんだん受け入れてきてつつも、まぁ少々複雑な気持ちで昨日を迎えたわけです。



しかしですねぇ、ライブはただただすばらしかった。

なんていうかもうすばらしすぎたの。

幸いにもアリーナ3列目で観ることができたんですが、
解散に対する湿っぽいコメントは一切なく、
自分たちのロックンロールを貫き通していて。

今まで見ていた狭いライブハウスではなく武道館の広いステージで堂々と演奏する彼らの姿は、ロックスター以外のなにものでもありませんでした。

ほんとうにきらきらしていて

とてつもなくかっこよかった。

REBELSONGに始まり人間不信もガンマン、生きて帰れもラストワルツもすてきなモリーもJUBILEEもジャーニーもYOUNG LOOSERももう全部全部全部
毛皮のマリーズというのがとんでもないバンドだったというのを証明していました。

アンコール後、たっぷり時間をおいて始まったラストの曲『ジ・エンド』の途中で志磨さんとギター越川さんが寄りかかり支えあっているのを観て

バンド仲間以上のすてきな関係を築いているんだなぁという気持ちが伝わってきて泣きそうになりました。

うん、やっぱかっこいいわ、毛皮のマリーズ。

きっと彼らはわたしにとっていつまでも憧れの存在であり続けると確信しました。



わたしのつまらなかった単調な日々に刺激を与えてくれて

生きることの意味も無意味さも、愛することの尊さも無鉄砲さもどうしようもなさも全部教えてくれて

そして何よりライブという最高の空間の楽しみ方を教えてくれたのは毛皮のマリーズの4人です。

ありがとう。



これからもきっと素敵なバンドがたくさん生まれて、
たくさん解散していく。

惜しいけど仕方がない。

儚いものほど美しい。

毛皮のマリーズはその美しさを全力で体現し続けた歴史に残るバンドだと思います。



そしてわたしは声を大にして言いたい。

バンドは解散してもCDは消えないので
できればCDを買いませんか。

iTunesで曲だけ落とすのも便利でよいけれど、形あるものはより鮮明に思い出に残るし愛着がわきます。

耳だけじゃなく目でも指でも楽しめるのは形あってこそです。



それでは最後に
毛皮のマリーズフォーエバー!

2年 小柳
| shiori koyanagi | 12:16 | comments(0) | - |
これにはわけがあるんです。

あのね

わたし本当は月曜日担当なのだけど
今日は金曜日ですよねわかってます。

でもね、ほんとうは月曜日に
ちゃんと日記書いたんだよ。

…なぜかアップ出来ていなかっただけで。

というわけでこんな曜日に飛び入り参加で
リベンジします。

こんばんは、小柳です。

先日わたしは下北沢round upというイベントに行ってきました。

round upとはいわばサーキットフェス。

複数の会場でつねに色々なアーティストのライブが行われており、
チケットと交換したリストバンドさえつけていればすべての会場往来自由という
とってもお得なイベントなのです。

いろんな会場でいろんなアーティストが演奏しているので
自分でどれを見に行くか選択し、
オリジナルのタイムテーブルをつくることができるのが
そんなサーキットフェスの醍醐味。

見たいバンドがたくさん重なるなか、なくなく決めたわたしだけのタイムテーブルは

・太平洋不知火楽団
・ひらくドア
・井之頭蓄音団
・八十八ヶ所巡礼
・未完成VS新世界
・THE ARROWS
・the chef cooks me band
・THEラブ人間

でした。

いやぁ、ほんとに正解だったよ。
最強のスケジュールだったのではないだろうか。
…と自画自賛してみたり(笑)。

でも冗談ではなく、どのバンドもめちゃくちゃかっこよかったです。

「ん、聴いたことがないぞ?」ってバンドが見受けられた方には是非とも聴いてほしい。

そしてできればライブに足を運んでほしいです。(めちゃくちゃたのしいんだから!)

そんななか最も忘れられないのが
新しい号でインタビューにもこたえていただき、
この日いちばん大きな会場である下北沢GARDENの大切なラストを飾った

THEラブ人間のライブ。

圧倒的。
圧倒的でした。

ラブ人間のライブはそのあまりの熱の高さに息をのむ瞬間がとても多い。

まるで魔法を使っているかのように一瞬で観客をとりこにしてしまう。

ライブハウスという時間も空間も限られた場所の、いちばん有効な活用法を知っている。

そんなバンドだと思います。


いやぁ音楽っていいですね。
性別も出身も職業も違う他人どうしを
「あのアーティストのあの音楽がすき」という理由だけでひとつにしてくれる。

音楽で世界を平和にできるということばも
あながち間違いではないのではと思っています。

そんな音楽と下北沢のまちのすばらしさを再確認できた、
とってもすてきなフェスでした。
ありがとう。来年もいく。


さて明日からもがんばりますかー!

君は僕の宗教!
2年 小柳

| shiori koyanagi | 22:33 | comments(0) | - |
わたしはお母さんとお父さんとマンガに育てられました。


お久しぶりです、こんにちは。
最近毎日寒いので愛する羽毛布団ちゃんから出たくないです。
こやなぎです。



さて、入稿終わって明日最新号が届きます。
この瞬間がいちばんわくわくする。
今回はメンバーの数が少なくてさすがに持って帰れない量なので、
みんとドライバーがおうちまで運んでくれるよ!
とってもたのしみです。



突然ですが今日はマンガの話をします。
なぜかって?気分です。

私はマンガが大好きです。
実家にはあほみたいにたくさんマンガがあります。
マンガ喫茶は好きじゃないです。
いつかまた読み返したくなる時が来る気がするので
手元に置いておきたいのです。

すきな漫画家さんはそれはもうたくさんいらっしゃるのだけれど
高校時代にはまりまくったのは
いくえみ綾先生とジョージ朝倉先生…

そして羽海野チカ大先生です。

よくあこがれの大学生活の例として
ドラマのオレンジデイズが挙げられますが
私の中でそのポジションは完全にハチミツとクローバーでした。

高校時代、田んぼに囲まれたど田舎で
「わたしも大学生になったらすてきな仲間と
仲のいい教授の研究室に集まって
あれやこれやたのしい毎日を過ごして
夢とか恋とか友情とかいろいろ育むんだ…」と
淡い期待を抱いていたものです。

でもね、あれれれれれれ

現実はそう甘くないぞ、と。

毎日ひとりで授業を受けご飯を食べ散歩に行き…
と理想とは程遠い生活を送っています。

いいんだーマンガの中で楽しむから。

そういえばおととい?ぐらいにおやすみプンプンの最新刊がでましたよ!
もちろんTシャツ付き限定版をゲットしました。
浅野いにお先生も高校時代に読み漁りましたねぇ。
今ももちろん大好きです。

マンガについては書きつくせないので
また書きます。必ず。

日本に生まれてよかったー!!



さてさて、みんとくんからのお題、清涼飲料水,
缶で飲むのとペットボトルで飲むのどっちがすきか。

わたしは缶が好きです。

持ち運びに便利だからいつもついついペットボトルを買ってしまうのだけれど
缶の方がおいしく感じる。
容器も一緒に冷たくなるからかしら…。

キャンプとかフェスとか夏の暑い日に飲む缶に入った炭酸飲料って
いちばんおいしいと思うの。

あと缶に入った炭酸は
「はやく飲まないと気抜けちゃうよ!置いとけないよ!」
的な刹那感もすきです。

もっと言うと、デパートのいちばん上の階にある安っぽいレストランで飲む、
さくらんぼとソフトクリームののったメロンソーダがいちばんすき。

あれ、おいしいよね、うん。



じゃあ次の人はねぇ
子供の時のごちそうの思い出について語ってください

来年のPerfumeツアーは4公演行くよ
2年 小柳

| shiori koyanagi | 14:18 | comments(0) | - |
はながむずむずするよ
 
1週間ぶりです。
小柳です。

秋も深まってまいりました。
花粉症さえなければ季節の中で1番秋が好きです。
そう、花粉症さえなければ…。

鼻づまりで苦しくなって目覚め
痒い目と格闘しながらコンタクトを入れる
…というのが最近の私の1日のはじまりです。
花粉症爆発しろ!

そんなこんなで
わたしはこの間今話題の映画
「モテキ」を見に行きました。

森山未来さまさまの演技やダンス、
長澤まさみ、麻生久美子など女性陣のかわいさはもちろんのこと
映画に登場する小道具や音楽が好みすぎてね、もうね。
上映時間みっちり楽しみました。

もともと大好きだったN'夙川ボーイズが
前よりもっともっと好きに!
あんなのずるいよ…。
マーヤかっこよすぎるよ…。

ほかにも岡村靖幸や
フィッシュマンズの曲が
映画のいいスパイスになっていましたよ、ふふふ。

そして主人公幸世の部屋や
彼が働く会社ナタリーにおかれた
小道具の数々…いやはやたまらんでぇ。
漫画やDVDなど置いてあるものすべてが
私の大好きなものばかりで
見ている間中うずうずしてました。
あぁ、ねがわくば幸世のおうちに住みたい。


ストーリーももちろんおもしろかったです。
原作ファン&アンチ漫画の実写化の私ですが、
ほんとうに楽しめました。
そこのサブカル女子、サブカル男子!
迷ってるぐらいなら見に行くべきだよ!
私はもう一回見に行きます。

さてこのくらいにして
次は白石ちゃんに
すきな映画のセリフについて
語って頂きましょう。

ではでは。

最後のモテキは小学6年生
2年 こやなぎ

| shiori koyanagi | 22:45 | comments(0) | - |
わーわーわー
 
おひさしぶりです。
すっかり秋ですね。

この間の会議で
毎日ブログ更新が決定したのですが
初日から書き忘れていました…非常に申し訳ない!
1日ズレたけど許してね。
小柳です。

さて昨日わたしはクリープハイプの
ワンマンライブに行ってきました。

クリープハイプは下北沢を中心に
活動している4人組バンドなのですが
昨日はなんと渋谷クアトロワンマン!
(しかもソールドアウト!)

いやーそれにしても楽しかった!
メンバーのみなさんも気合が入っていたようで
いつもよりパワーが感じられた気がしました。

そんなかっこいい曲とはうらはらに
MCはいつもと変わらず悪態をついたり
放送コードひっかかるネタだったりで(笑)
かっこよくてオーラがあるのに
親しみもあって憎めない
そんな素敵なバンドだと思います。

ポップなメロディと
女性目線の生々しい歌詞をうたう
ボーカル尾崎世界観さんの
特徴的なハイトーンボイスが
とても調和しあって
ほんとにかっこいいバンドなので
皆様も是非聞いてみてください!

さて次(今日だけどね)のブログ担当は白石さん!
最近食べた美味しいものについて
語ってください(希望)。

猫は好きだがアレルギー
2年 小柳

| shiori koyanagi | 14:12 | comments(0) | - |
なつ!


さてさて8月!
夏まっさかり!
毎日暑いなか皆様はいかがお過ごしでしょうか?
地震の影響で授業がズレた早稲田もようやく夏休みを迎えました。

しかし、暑い。
家から出たくない。

そんなわたしは、近所のプールではしゃぐ小学生を横目に、
おうちでももいろクローバーの動画をみることにはまっています。

かわいいねぇ。
若い子はいいねぇ。
元気だねぇ。

こうやって大学生の夏休みは無駄に終わっていくのですね。
…今年こそはもう少しアツイ夏にシタイデス。


はてはて、ふだんはそんな「おうち大好き!」なわたくしですが、
夏といえば唯一進んでお外へ繰り出すイベントが。
すっかり夏の風物詩となりました、
野外音楽フェスティバル、通称夏フェスでございます。

そして夏休み開幕初日8月5日。
さっそく行ってきました!

照りつける太陽!
むかうは茨城!
ROCK IN JAPAN FESTIVAL!


朝6時に新宿集合だったのですが、前日までレポートに追われていたわたくし。
結局睡眠時間3時間で会場まで足をはこびました。もちろんバス内で爆睡。
しかしそんな疲れはなんのその。体力が許すかぎり、遊び尽くしましたよ!

幸い天気にも恵まれて(暑くて死にそうだったけれど)、
大好きなアーティストをたくさん見ることができました。しあわせ!
一年半ぶりに見たPerfumeはやっぱり世界一かわいかったです。

この他にも夏休み中にフェスおよび音楽イベントにたくさん行こうと思っています。
真っ黒にならないように日焼け対策をがんばらないと…。
ぜひ皆さんも夏フェスで心も体も解放しちゃってください。

あ、遊んでばかりじゃなくて、編集部もばっちり始動してますよ!
昨日も学生会館でまじめに会議(サマータイムで朝10時から!)。
みんなでわいわい特集についての意見を交わしあいました。わくわく。
編集部全員であつい会議を繰り広げながら
特集案を練っているのでたのしみにしておいてください。

はやく帰省という名のニート生活がしたいよ…。

ももクロちゃんでは、しおりん(黄色)推し
2年 小柳

| shiori koyanagi | 23:57 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
twitter
ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
Cue blog
以前のCue staff blogはこちら
mobile Cue blog
qrcode
PR